責任を負わないために


買い手が瑕疵担保責任を求めてきたときは、売り手は無条件で責任を負わされます。とは言っても、買い主の言うとおりに賠償や修繕するとはならず、多くの場合は売り主と買い主双方で話し合い裁判を通じて、責任があるのかどうか決めていきます。一度瑕疵担保責任を買い主が求めると、売り主にも時間も労力も消費し、大変な思いをします。

雨漏りもしも事前に家の欠陥や不具合があれば、隠さずに買い主に告知しておく方が無難です。
修繕しないならば事前に告知しておくことでその分売値は安くなりますが、その範囲内で起きたトラブルは、責任は買い手に発生します。
ただ事前に欠陥箇所を見つけたなら、修繕しておくのも1つの方法です。
しかし、雨漏り箇所をとりあえずパテで塞ぐなどは修繕とは言えませんので、完璧に直しておきましょう。

家の状態にもよりますが、そもそも売る家が相当古く瑕疵担保責任を負えそうもない状態、物件が古く売り主が中古で購入した場合、買い手がリフォームや解体を想定して購入する場合、などは瑕疵担保責任は発生しないことが多いです。
瑕疵担保責任は売り主と買い主双方が合意すれば、免責とすることもできます。物件の状態や築年数によっては、免責を考えても良いでしょう。